THE SHARKS
THE MIDWEST BEAT

「浅井健一」、「KEYTALK」に続く2013年3弾目となるコラボの相手は、US&UKの音楽マニア界で話題の2バンドとのオフィシャルコラボレーションバッチセット発売!!

僕らが今までコラボしてきたバンドだと、共にリンクするのはやっぱり「THE CIGAVETTES」と共鳴すると思う。あとは「SCOTT GOES FOR」や「LOCKSLEY」や「THE BAWDIES」なども共鳴しているよ。
そしてやっぱり「THE BEATLES」なんだよね。
僕はこういうロックンロールが僕は正統派だと思うし、大好きです。2000年以降のロックンロールリバイバルも10年以上も前になっちゃったよね。凄い楽しかったけど今のティーンエイジや最近ロックを好きになった人はリアルタイムで味わえなかったもんね。その中でもやっぱり最強は「THE CORAL」なんだけど、やっぱり若干の未完成の部分が残ってないと僕は危うさを感じないので物足りない。それはイコール今後の可能性だと思う。
僕にとってのロックンロールの楽しみ方ってそうなんです。この2バンドにはそれを感じます。
両バンドとも来日させたいので、気に入った方は一緒に応援して盛り上がりましょう!!バッチは僕らが制作した世界初のオフィシャルオリジナルバッチデザインだからね!!


■ BRAND. THE SHARKS + THE MIDWEST BEAT × SIDEMILITIA inc.
■ ITEM. PUNKS OF BRIXTON+GONE NOT LOST Badge SET
■ PRICE. ¥2,500(tax-in)
■ BADGE SIZE. 25mm
THE SHRAKSのアルバム「PUNKS OF BRIXTON」とTHE MIDWEST BEATのアルバム「GONE NOT LOST」にSIDEMILITIAinc.限定のバッジを2個SETにしたスペシャルバージョン!

SIDEMILITIAinc. ONLINE STOREはコチラから

- THE SHARKS -

先ずはサウスロンドン・ブリクストル出身の4人組「THE SHARKS:ザ シャークス」です。※VJRからリリースし、サマソニにも出演している「SHARKS」で “THE” が付かないのでお間違え無く(笑)
帯・歌詞・対訳付きの紙ジャケット世界先攻リリースの全15曲収録:日本盤ファーストアルバム(今の所、輸入盤はまだリリースされていません)
このバンドも偶然PVを観て、速攻で大絶賛した。楽曲もそうだけど何よりも「奇跡の声」を持っているから。こういう声はもう反則です。久々に出逢えたよ、この声質に。この前だと「BROOKLYN」だからもう5年も前だ。本当にこういう奇跡のロック声はレアなんだよね。なのでこのヴォーカルだったらどんな曲でも名曲になるんだけど、それで説明終わりだと味気ないので続けます。ジャケットやメンバーのヴィジュアルでも分かる通りに70年代のパンクロックを愛しているのが分かります。でもそれはストレートな攻撃性では無く「BUZZCOCKS」「THE CLASH」「THE JAM」などのバンドが若く蒼い反抗心や不良性を楽曲で表現するんだけど、才能が有り過ぎて、結果的にポップレジェンドでも創れない様な耳に馴染み過ぎる最高のメロディーを浮かんでしまう感じです。そしてやっぱりもろにTHE BEATLESしている楽曲も沢山有ります(笑顔)またこの声が凄いマッチしてるんだよなぁ〜♬
アルバム自体、本当に色んなタイプの楽曲が収録してますけど、どうやってもメロディーが先攻してしまう才能に惚れ惚れします。勿論、クラシックだけでなく本人達が認めなくても2000年以降のUKロックンロールブームのハイブリット感は有りますしね。本当に最高のバンドに出逢えました!!
SIDEMILITIAinc. 代表 / 遠藤博美



■ ARTIST. THE SHARKS
■ TITLE. PUNKS OF BRIXTON

[レーベル解説]
これまで無名ながらもなんで埋もれているの?と思われるバンドを引っ張りあげてきているBE A PRIMITIVE RECORDSが驚愕の新人バンドを発掘!はっきりいってこれヤバいです!!!!! とにかくメロディーが秀逸で一度聴いてもらえれば絶対に虜になるのは間違いない。収録曲どれもがこの表現嫌だけどクラブヒッツ間違いなしだろってなキャッチーかつフックの効いたメロディーのオンパレードで全てのブリティッシュメロディーファンが驚くバンドTHE SHARKSの1stアルバムが日本でリリース。 こいつはマジで最高のバンドだ!CLASHやBUZZCOCKS、JAMといった70′sパンクロックの大御所バンドから、初期ELVIS COSTELLOファンも、AMBER SQUADやCIGARETTES、THE FRESHIESといったKILLED BY DEATH、BACK TO FRONTなパンク/パワーポップ/モッドパンクのいいとこ取りしたようなこのサウンドが現在進行形のバンドで奏でられているとは!本人たちもやっぱり今のポップパンクではなく70′sのパンクロックバンドが持っていたポップさを狙ってるようです。 キラキラするギター、疾走感溢れるサウンド、ハンドクラッピング間違いなしなリズム、そして甘さも兼ね備えたボーカル全てが何故にこれまで注目されていないのか不思議でならない。これはパンクロックファンだけでなく、UKロックの持つメロディーが好きな人は確実に虜になるだろう!衝撃の新人ここにデビュー!あまりにかっこいいから先に視聴開始させてもらった!







- THE MIDWEST BEAT -

次はアメリカ・ミルキーウェイ出身の4人組「THE MIDWEST BEAT:ザ ミッドウエスト ビート」です。コチラのセカンドアルバムは2011年にアナログのみの限定でアメリカ盤とヨーロッパ盤の2種類をリリースし即完売!!
今作の日本盤CDは何と世界初CD化です。更に上記の2種類の1曲ずつ違った収録曲を両曲収録し、リマスタリング化。帯・歌詞・対訳付きの紙ジャケット盤となっております。
どんなサウンドかと云えば、60年代のフォークロック(BOB DYLAN,THE BYRDS etc…)&ブリティッシュビート(THE BEATLES,THE ROLLING STONES etc…)をベースにした楽曲に、ジャケット通りにサイケデリック/ジャングリー/ガレージポップ感を導入した様な素晴らしいサウンドです。
SIDEMILITIAinc. 代表 / 遠藤博美



■ ARTIST. THE MIDWEST BEAT
■ TITLE. GONE NOT LOST

[レーベル解説]
LITERATUREに続くWATERSLIDEニューリリースはUSウィスコンシン州の「怒れるバブルガムポップ」バンドTHE MIDWEST BEAT!!2011年にアナログオンリーでリリースされ、アメリカ盤、ヨーロッパ盤も共に廃盤となってしまっている傑作2ndアルバムが初のCD化!しかもアメリカ盤、ヨーロッパ盤と収録曲が1曲づつ違っていたものをどちらも収録した全16曲入りの完全版をリマスタリングしてお届けです!BYRDS、BUFFALO SPRINGFIELD、CSNY、ボブ・ディラン等の60′sフォークロック/カントリーやバディー・ホリー、初期ビートルズのような軽快なロックンロールをバックボーンに、さらには60′sサイケバンドよろしくなコーラスワークも備えてUSインディーパンクのノリで演奏する唯一無二のサウンドは各方面で大絶賛!アルバム通して1つの楽曲と思えるほどにスムーズに流れ最初から最後まで一気に聴ける名盤の条件を完全に満たしてます!ジャングリーなギターとポップなメロディーとコーラスワークがパンクな勢いで演奏されるまさしく「怒れるバブルガムポップ」は脈々と続くアメリカのインディーシーンの懐の深さを感じます!50〜60年代のUSのフォークロック、ロックンロールやBEATLES、ZOMBIES、KINKS、HERMAN’S HERMITS等のブリティッシュインベイジョンなバンドが好きな方や、EXPLORING HEARTS、近年のUSインディーシーンのポップパンク、パワーポップ等を聴いている方にも絶対にお勧めできる大名盤!こんな名盤を廃盤にしていちゃもったいない。ってことでリリースしちゃいます!ジャンルや年齢なんて関係ない、すべてのグッドメロディー好きに贈る最高なロックンロールアルバム!とにかく聴いてもらえればなんで俺がリリースしたかったかわかってもらえると思います。




































PROVEN




FUNNY SWEET